spain - 情熱の国スペインは、驚くべき長寿犬の国だった。

top_image-のコピー.jpg

情熱の国スペインはマドリッド。
日本と同じく四季があり、冬には雪が降ることもあるのに、夏には夜の10時まで明るい太陽のせいか、人々のその気質のせいか、暑い季節のイメージが強い。
ここはマドリッドで一番大きいレティーリョ公園。
噴水や大きい池、バラ園や展示場、ドッグランまで何でもあり、しかもそれが開放感たっぷりに広々としていて、マドリッドの人々にとっては欠かせない憩いの場となっている。

日本とほぼ同じ気温と季節ではあるが、昼間は日本より強い日差しのせいで温かく
その気持ちの良い天気の中、平日にも関わらず、公園では沢山の人たちが犬と一緒に散歩をしている。

写真を撮らせてもらえませんかと聞くと、「いつもはもっとキレイなのに」などと言いながらも、みんな自分の犬を座らせたり、カメラ目線にさせようとしたり、芸をさせようとしたり、一生懸命奮闘している姿が微笑ましく、
万国共通な親ばかっぷりにとても親近感を覚えた。

spainvol1.jpg この日は平日だったのでお年寄りのオーナーが多かったのだが、驚いたのはその犬達の年齢だった。 最初に会った子がまず17歳! そこで驚いていたら、次は20歳のシーズー!その日会った最高齢は何と22歳!!!!

何故そんなに長寿なのだろう。飼い主に尋ねると、気候だろうか、栄養だろうか。
でも、きっとこの公園にせいに違いない。そう答えていた。
街で自分達と同じ生活をするのではなく、毎日この広くて気持ちの良い公園に連れて来て、気持ちよく遊ぶことが大事なのだと。

子供や犬達が安全に走り回って遊べて、お年寄りが将棋をしたりゲートボールをしたり、デートをしたり、散歩をしたり。
日本の都会にもこういう公園が沢山あったら良いのに。

現在、日本における犬の数は、10歳以下の子供の数を上回っているそうだ。
これは大変な数字である。
子供に対して同様、社会がもっと犬にも目を向けても良いはずではないか。

あくまで人間の都合で飼われている犬達が、ストレスを発散し開放的に遊べる場所がある事
それが長生きの元なのかもしれない。