Nepal - Nepalの犬達 vol.1:人々の暮らしと気持ち

IMG_4485.jpg 2016年3月、ネパールの首都カトマンズに行きました。

nepal-4.jpg ネパールの宗教は、仏教とヒンドゥー教、その習合が混在しますが、
とてもバランスがとれていて人々が平和にくらしている印象です。

南国で陽気な笑顔爆発!というよりは、みんなが"微笑み"あって、(傷つけあわずor嘘をつかず)、
助け合って生きています。
困っている人がいたら、絶対に助けてあげるものだ、って、みんながわかっている空気を感じました。
私の国はどうだろう、、、

nepal-2-2.jpg タクシーは、絶対にぼったくりません。
むしろ、携帯を貸してくれちゃう!
「ナマステ」と笑顔で挨拶をすれば、もう明日には友達です。

nepal-3.jpg とは言え、2015年の大地震から一年、当時の生活状況は厳しかったです。
1日の半分は停電していて、カメラの充電をするのに計画停電の時間を計算したり、
発電機のあるところで借りたりしていました。
水道はひねっても出ないところが多くありました。

nepal-5.jpg 犬たちは、水たまりを飲みます。
場所によっては貧しい国という印象でしたが、
電力や生活が安定していない中で、人々の気持ちだけは安定してるネパール。
犬への気持ちも同じだと感じました。

nepal-5-1.jpg


MIKI YAMATO

東京都出身。10歳よりカメラを持ち始め、14歳で暗室を自ら制作。
本格的に写真にのめり込み、女子美術大学付属高等学校にて美術の基礎を学び、
日本大学芸術学部写真学科では古典技法を学ぶ。卒業後はフォトスタジオをスタート。

フォトグラファーとしてはファッション・音楽関係・主にポートレート撮影がメイン。

獣医だった祖父の後を継ぐべく、
写真家としてできる事として6年前よりアニマルポートレートを撮影し始める。
祖父の死を機に愛護活動に参加。
元保護犬・保護猫の家族写真プロジェクトや保健所での撮影、
譲渡会での撮影会やその他写真の力でできる事をテーマに活動中♬
miki-profilepic.jpg