nadesico/愛可 - Vol.02:nadesicoなDOG LIFE/愛可

nadesico_head5.jpg

バロンとの出会い、それは驚きと怒りのエピソード
「バロンは、大阪の飲み屋街で、ブラックライトの中で売られていました。音楽ががんがん鳴ってる店で、やっと歩けます、立てます、という状態で・・・」
なんと、生後32日で売られていたそうです。
この状態を見捨てていけない、助けないと、と思ったのがバロンでした。

「その店には成犬のセント・バーナードが一万円で売られていて、本当はその犬を助けたかったけれど、大阪から新幹線で連れて帰るのは難しい。
他にも、かわいそうな仔犬はたくさんたくさんいたけれど、小型犬の方が、飼ってもらえるチャンスは多いかなと思ったし、この32日目のバーニーズも売れ残ってずっとここに居る事になるかもしれない。
まだお店に出されて2日だったからまだ助けられると思ったのですが、大型犬は、よっぽど決心しないと飼えないし、一晩大阪で考えて、新幹線に乗って連れて帰ってきました。」

aika2.jpg*バーニーズ・マウンテン・ドッグは世界で有名な山岳犬:スイスのベルン地方でチーズ職人やはた織り職人の荷車を引いていた働く犬。オスは体高64〜70cm メスは58から66cm 丸みがあって短い足。皮毛は長く柔らかく、シルクのよう。少しウェーブがあり 光沢がある。頭と胸と脚にタン&ホワイトの班がある。耳は三角形、休んでいるときは平らで、警戒しているときは前に垂れる!(新・アルティメイトブックより) 幼犬期を過ぎると、のんびりと落ち付いた家庭向きの犬となり、繊細かつ誠実で、とても献身的です。子供には優しく接しますが、知らない人にはあまりなつきません。他の犬や動物とは基本的に仲よくやっていけるでしょう。 (ドッグガイドbyアニマルプラネットよりaika.jpg

2キロの、まるでイモムシのようなバロンが急遽家にやってきたために、とりあえずデイジーのゲージを仔犬用にして安心場所を作りました。
ワクチンが終わるまでは、デイジーは仔犬ちゃんをゲージ越しで「見るだけ〜」。
体の大きさが変わらないうちは、一緒のおもちゃを取り合ったりして遊んだそうで、問題なく仲良くなれたそうです。
その後の成長ぶりを聞いて圧倒されました。
「毎週2キロづつ増えていって、毎日一緒にいる時もその場で大きくなっているような気がしてました」
7月に2歳になるバロンは、いま40キロくらいに。
まだちょっとづつ大きくなっているみたいです☆
ネコと犬と人間が、お互いにストレスを与えない関係って素晴らしい!

「いま、とってもバランスよく生活してるな、と思います。」
もし、大きな家に越すことができたら、レトリバーを飼ってみたいなとも思うけれど、
かわいそうな状態の犬やネコを助けることで、恩返ししたいですね。」
ペットがもたらしてくれる幸せに、なにか人間も返したい、って自然に言葉にできるひとって素敵だな、と思いました。
愛可ちゃんに助けられた末っ子のバロン。
彼女の隣にくっついていて、とても穏やかで可愛い。

週に3回は駒沢公園のドッグランに行くそうです。
そこは愛可さんとドッグ・オーナーさんたちとの交流の場所でもあって、
彼女とデイジーとバロンは、公園の人気者でした。
そこでもバロンがやんちゃをしている側を、見守りながらマイペースにパトロールをするデイジーが
やはりとても微笑ましいのでした。

P41501732.jpg取材協力:喫茶「nico」
住所/東京都目黒区八雲5-18-16
TEL/03-3717-6677
営業時間/AM8:30~PM8:00
※月曜日はAM11:00オープン
定休日/木曜日(祝日は営業)
駒沢公園の隣にある気持ちの良いカフェ。
外の席のみ犬同伴可


P4159994.jpg 愛可/nadesico stuff、モデル
東京都出身
ティーンの頃より様々なファッション誌で活躍するモデル
現在はレディースブランド”nadesico”で企画などもこなす。
オフィシャルブログAika Blog