柴田淳 - Vol.02:柴田淳と二匹のナイトたち

interview_head2.jpg

大型犬二匹との生活とは!??

_DSF0881.jpg「私が一番下なんです。カズをしかった時はビビアンが仲介役で入ってきてやめてと言うし、こないだなんて、カズがしっぽを振ってこっちを見てるから、甘えてるのかと思って可愛いね!と抱きしめると実は
”自分が座る場所だからどけ”という合図をしていただけだったり。。。。」
どうやら柴田家では一番がしばじゅんのママ、次がパパ、そしてビビアン&カズ、最後にしばじゅん、な様子です。

「すっごいいたずらっ子で、台所のドアが開いているかを確認しては
食べ物を探しにキッチンに忍び込んでいて
朝見るとお鍋がひっくり返ってたり、納豆のパックが散乱してたりするから
誰がやったの?と言うと、ふふん、と捨て台詞を残してビビアンが去って行くんですよ。

誰も見てないのに、態度でばればれなんですけどね(笑)」

sj[1].jpg

散歩は一日一時間以上という柴田家のダルメシアン達
運動量と好奇心は凄い様で、
「海岸に行って話したら戻ってこなくなっちゃって、ほふく前進しながら何かに向かって吠えてるから
心配して見に行ったら、はるか遠くの小型犬を威嚇してて(笑)
神経質でありながら、闘争心もおおいにあるようです。
「同じダルメシアンに会ったらもう大変です。」

そんなビビアンとカズ。
今は一人暮らしをしていて一緒には暮らしていないのですが
「久しぶりに実家に帰ってビビアンを抱きしめると、”う~んん~ん”と何とも言えない声を出して
喋ってくれたり、
仕事やプライベーで悲しい出来事があった時なんかは、カズを抱きしめて泣く事もあって
離れているけどやっぱり家族ですね。」

ビビアン13歳、カズ11歳。
「あと10年は生きてほしいな。寿命は考えちゃうけど、その時のことは。。。。。
考えられない。」
というしばじゅん。
次回は彼らの健康、病気について、そしてそれらとの関わり方について、をお届けします。

お楽しみに。

写真:小倉直子 コチラ☆   インタビュー&文:松本ともこ