paris - アメリでおなじみのあの街でのPLUS ONE

paris-2.jpg

Monmartreでのワンライフ

パリと言えばマカロン♪とばかりに、甘〜い色とりどりのマカロンをつまみながら
この日はアメリ、ムーランルージュでおなじみの、モンマルトルへ向かう事にした。
駅をに着いてまず迎えられたのがコンドームの自動販売機。
そして坂。
どこを見ても坂なので、とりあえず人気のある方向へ上りながら歩く事に。
途中、オシャレで仲の良い老夫婦を何組か見かけ、なんてこの街に似合うのだろう!と
曇りのモンマルトルでロマンチックな気分に浸り、
気がつくとパリの中心街を見下ろす高さまで登って来ていた。
ようやくたどり着いた広場では、モンマルトル寺院が見え、そのふもとには絵を売っている人たちや
似顔絵を書いてくれる人たちで活気に溢れてる。
paris22-1.jpg
芸術の匂いを感じながら、カフェが並ぶ通りへ向かう。そこらじゅうから漂う良い匂いに誘われ
ふらふら入ってみると、とっても美味しそうなクレープが売られている。
そして、それと同じ位多かったのが、色とりどりのジェラート屋さん。
選ぶのが大変な程の種類と、見た目に惑わされ、長い時間をかけても選べず
結局無難なクレープを食べる事に。
味は大好物の”nuttella”!!
paris-2-1.jpgIMG_9789.jpgすっかり腹ごしらえを終え、身体がぽかぽかになった所で、
坂を下りながら、あちこちで目に入る緑のものがまた気になりだした。
パリには、至る所に袋が掛かっただけのゴミ箱がある。
業者が回収する際にも袋を交換するのみなので簡単だし
枠を設置しておけば良い為、コストも抑えられ
本当にあちこちにあるので自ら捨てようという気持ちになれるし
心無しか、去年よりも街がキレイになった様な気さえする。
そして、怪しい程巨大な分別ボックス。
この巨大なボックス、3人で手を繋いで
ようやく一周できる程のサイズで
瓶、カン、ペットボトル、シャンプーなどの
ケースが捨てられる様になっており、定期的に回収される。
この大きさであれば溢れる心配も、またこの構造なら荒らされる心配もなく
効果的にリサイクルにまわす事ができるだろう。
そして、それを回収する業者の姿も、一日に何度も、あちこちで見かけた。
写真にある、「犬の糞を拾いましょう」という看板も
それを唱うだけではなく、きちんと捨て易い環境を
作ってこそ効果があると言うもの。
環境を作った後で、決まりを作る。
これは今の日本に足りない事のひとつなのかもしれない。

さて、次回は来週水曜の更新。お楽しみに!